1日1葬儀の家族葬専用ホール「上京区ECO葬ホール」


通夜・葬儀と2日間お別れをする葬送の形態。
四季折々の花々でアレンジ装飾し、
スロープを活かした祭壇を設営します。

1日1葬儀の家族葬専用ホール「上京区ECO葬ホール」



家族葬スタンダードプラン(通夜・葬儀)を選ばれる方の考え


見栄をはらずに、世間体を一切気にせずにご家族やご親族を中心に少人数で通夜・葬儀をする葬送の形を言います。


「感謝の気持ち」を伝える



核家族化により、地域の結びつきが薄くなり、義理で参列していただいても故人も決して喜ばないとして、
葬儀そのものが家族の問題として捉えるようになった。
少子高齢化により、対象者が介護の必要に迫られ、子供の家に引き取られることになり、その時点で対象者の友人・知人の縁が遠くなる。こうした理由で、今や家族葬の占める割合は約80%超になっています。



香典の返礼とは


「感謝の気持ち」を伝える





葬儀社により、価格やサービスの内容については異なりますが、注意すべき点は、お葬式施行後に別項目として、追加費用を請求してくる場合がありますので予めお見積りの段階で、葬儀一式費用の内訳について充分な説明を受けられ、追加があるとすれば、何があるのか、その結果必要以上に、費用がかかったりしないのか、納得のいくまでご相談されることを、是非お勧めします。



「葬儀一式費用」とは、葬儀をする際に、必要不可欠なものをすべて含むものを称します。


お葬式の形態により、或いは喪家様からご要望により必要となる費用をいいます



・通夜終了後、「通夜振る舞い」と称して、ご弔問いただいたお方に、お食事のもてなしをします。
・最近では、お骨上げ後、繰り上げ初七日法要をされる傾向にあります。法要終了後、「精進落とし」でおもてなしをされます。



お供養品は、通夜用と会葬用とそれぞれ品が分かれますが、一般的に通夜供養品は消費するもの。会葬供養品は、形として残るものとされております。(平均500~800円程度)。

仏式の場合は僧侶へのお礼、神式の場合は神官へのお礼、キリスト教式の場合は教会への献金等々が必要になります。仏式の場合、どれぐらいの金額がお布施の相場なのか、よく聞かれます。本来は決まった金額などありませんが、実際にお葬式をお勤めいただく場合、用意する金額は迷うところです。



宗教者が、火葬場までお供され、お別れを希望される場合は、失礼が無いように、ハイヤーの手配が必要になる場合があります。火葬場にお伴されますご親族様の人数が多くなり、自家用車での随行が困難となるようでしたら、マイクロバスの手配が必要になる場合があります。



上京区ECO葬ホールへの葬儀/家族葬のご相談・事前相談のお問い合わせはこちら

  

全プラン追加料金0円ECOなお葬式セットプラン”


全プランにお葬式に欠くことのできない全ての項目が含まれております。
いづれのプランも、追加料金一切不要となっております。



  

1日1葬儀の家族葬専用ホール「上京区ECO葬ホール」


“ お葬式費用を出来るだけ抑えたい方に… ”
低予算で心温まるお葬式を演出。

1日1葬儀の家族葬専用ホール「上京区ECO葬ホール」

京都府下、その他の地域で対応可能な式場をご用意しております


ご自宅でのお葬式、お近くの公民館・集会所でのご施行も承っております。
※式場見学を随時行っておりますのでお気軽にご相談ください。


葬儀,右京区のフランネル京都外観 葬儀,伏見区の伏見区家族葬ホール外観 葬儀,宇治・滋賀の式場外観
フランネル京都
(右京区)
伏見区家族葬ホール
(伏見区)
その他の式場
(宇治・滋賀)

京都府下で唯一国家資格「行政書士有資格者」が主宰する葬儀会社です


「すごく助かる…」をお約束します

お葬式の後で、ご遺族様にはしなければいけない
面倒でやっかいな諸手続きが必要となります。
こうした手続きをしないと不利益を
被ることにもなりますので、是非ご相談ください。